生漢煎 むくみ

生漢煎でむくみを解消し痩せやすい体質にして健康的にダイエット!

生漢煎はむくみや便秘を解消し、お腹周りの脂肪を落としてくれる

 

30歳を過ぎると、女性ホルモンのバランスが崩れたり、ストレスで自律神経が乱れ、身体がむくみ易くなってくることが多いですよね。
身体がむくむと、冷えて代謝が落ち、皮下脂肪がたまり易くなってしまいます。
それに、リンパや血液の流れも悪くなるので、肩こりや頭痛に悩まされることもあります。

 

生漢煎は、漢方の力でむくみを解消し、それに、年齢とともに落ちてきた基礎代謝を高め、脂肪を燃焼しやすく痩せやすい身体へと変えてくれるのです。
また、女性に多い便秘を解消する効果があり、キレイにダイエットをすることができます。
便秘気味だと特にお腹周りに皮下脂肪が付き易くなりますよね?

 

生漢煎を使用すると、デトックス効果でお腹周りの脂肪をスッキリと落とすことができるのです。
お腹周りの脂肪を運動をしなくてもキレイに落とすことができるなんてうれしいですよね。

 

生漢煎のむくみや便秘解消・肥満に効果的な18種類の生薬成分

 

生漢煎には、むくみや便秘を解消し、脂肪を落とし易くする18種類の生薬が配合されています。
成分は、トウキ・オウゴン・カッセキ・カンゾウ・キキョウ・ケイガイ・サンシシ・シャクヤク・ショウキョウ・セッコウ・センキュウ・マオウ・ダイオウ・硫酸ナトリウム・ハッカ・ハマボウフウ・レンキョウ・ビャクジュツになります。
生漢煎には、これらの18種類のダイエットに効果的な原生薬が1日の最大処方量(27.1g)配合されているのです。
そのため、最大限の効果を期待することができます。

 

カッセキ・セッコウ・ショウキョウ・マオウ・ヒャクジュツには、利尿作用などにより、むくみを解消する効果があります。
シャクヤク・カッセキ・オウゴンには、腸の調子を整え身体の中からキレイにする作用があります。
硫酸ナトリウム(ボウショウ)には、便を軟らかくし、便秘を解消する効果があります。

 

生漢煎のむくみや便秘・肥満解消効果を高めるにはいつ飲んだらいい?

 

むくみや便秘を解消し、お腹にたまった脂肪を落としてくれる生漢煎。
その効果を最大限に発揮するには、いつの飲んだらいいのでしょうか?

 

生漢煎は18種類の生薬が配合された漢方薬です。
漢方薬は、空腹時に飲まないと効果が半減してしまいます。
そのため、食後2〜3時間後経ってから飲んでください。
飲み忘れをなくすために、3食の食前に飲む習慣を付けるのもいいでしょう。
また、寝る前に飲むと、便秘解消作用が高くなり、よりデトックス効果が期待できるかもしれません。

 

生漢煎は、生薬の力で徐々に痩せやすい体質への変えていく薬です。
むくみや肥満などに効果が出るまで1ヶ月ほどかかることがあります。
正しいタイミングで、長く飲み続けてください。
ダイエットだけではなく、血液やリンパの流れをよくして冷え症や肩こりを解消し、ホルモンバランスを整るため、美容や健康への効果も期待できますよ。

page top